花笑む

sakura2017.jpg
桜が満開ですね。まちが花の色に染まるこの季節がすきです。
蒼穹を完結させたあとはきっと蒼穹ロスになるにちがいない…!と思っていたんですが、鉄血ロスのほうが深刻です。2期は途中あたりから納得のいかない部分もあったんですが、善悪の二項対立でない世界、歴史の裏側、まちがえてもまちがえても必死に生き抜こうとあがく少年たちの姿は、胸を打つものがありました。こういったひとを選ぶテーマがゴールデン枠の商業アニメで放映されていたことにまず拍手喝采したい。2年間お疲れさまでした。
わたしは完璧でない人を描いた物語が好きです。過ちを犯すひとがすきだし、よりよき場所をめざしてもがいているひとがすきです。この物語は愛すべき人がたくさんいましたし、さいごのほうはそのひとたちを見届けたくて見ていた気がします。
こんな物語にまた出会えるといいな。こんな物語が存在できる場所であってほしいな。
はーそれにしても暁くんがかわいくてこまるな… 子どもエンドはあかんですよ!ってあれほど言ってたのに、さっそく手のひら返してしまったぜ…。

あと小説ではこないだ読んだ原田マハさんの「サロメ」がとても面白かったことを書いておきたいです。
有名な小説家オスカー・ワイルドと、彼の書いた「サロメ」の挿絵をてがけたオーブリー・ビアズリー、ふたりの天才と、オーブリーの姉で女優でもあったメイベルの物語。サロメから連想されるとおり、官能と狂気うずまく筆致がすばらしかったです。強烈に惹かれ合うふたりの天才と、それに焦がれるメイベルが徐々にタイトルのサロメにも似た、うつくしくも怪しいばけものに変容していくさまにどきどきしました。装丁もとってもすてき。

そういえば、蒼穹完結に浮かれて報告し忘れていたんですが、百人一首アンソロジー・さくやこのはなに参加しました。
「女王殺しのけだもの」という女王殺しのさだめを負った13歳の次期女王となる少女「とわ」と、彼女を女王に選んだ魔性のけだものの掌編です。たぶんわたしのはなしでオムライスとどっこいどっこい後味がわるい。殺伐をめざしました。
お題となった歌は、
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは
在原業平さんの超有名作です。わたしもすごくすきな歌だったので、割り振りが決まったときすごくうれしかったです。(……のに何故殺意いっぱいのはなしが生まれてしまったのか…)
さくやこのはなアンソロさんは、100人の創作者さんが百人一首におさめられた歌をテーマに創作をするというもの。すてきな作品がたくさんです。こちらもぜひぜひ!

完結に際して、拍手たくさんありがとうございました!
返信不要でお言葉をくださった方もありがとうございます。
下の記事から少しずつ返信をしていっています。

蒼穹更新してます。

引き続き蒼穹更新してます。6章はここで折り返し地点。積み上げてきたものをひとつひとつ着地させていくかんじでなんだかしみじみします。あと少し、お付き合いいただけたらうれしいです。
ツイッターのほうでちらっとアンケを取ったのですが、「蒼穹、その果て」は完結後に、後日譚を書いた新書サイズ80頁くらいの本を出そうと思っています。今の時点では気の早いはなしですが…(原稿は初稿が終わったところ) こちらもまた、決まってきたらお知らせしますね。ちなみに後日譚はなんというか、自分へのご褒美のために書いたはなしで、本編は後日譚なしできれいに完結すると思います。



近況。映画「沈黙」がみたくて、積んでいた小説「沈黙」を読んでいるんですが、公開が終わってしまったらどうしようとどきどきしています。
蜜蜂と遠雷、すごくすごくよかったです。豊かな音楽描写に耽溺。
来週、樹氷をみにいきます。たのしみ。
異種婚アンソロ(樹木婚)の原稿をもりもりやっています。

拍手ありがとうございました!
以下、1月29日のレスです。遅くなってしまいすいません…!

+ Read More

「蒼穹、その果て」連載再開

蒼穹の連載を再開しました。
ちょっと離れるつもりが、気付けばひと月が経ってしまった…。
このあたりの流れは蒼穹を書き始めた初期から考えていた部分で、「雪瀬をうしなったとき桜さんがどうふるまうか」という問いは桜さんに課された主題のようなものでもありました。たぶん四譚の当初時点だったら、昏倒してそのまま目覚めなかったとおもいます。
今回は休まず、六章、終章と連載して完結させるつもりです。
残り10話ほど、お見守りいただければ幸いです!

拍手ありがとうございました!
新年に挨拶をくださった方ありがとうございます…!今年こそはユグドを…!

あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。
2017年! 今年もよろしくお願いいたします。
みなさまにとって、豊かな年になりますように。

ツイッターに流した蒼穹~夫婦のSSをこちらにも置いておきますね。
確か、4譚1章(プロポーズ)と2章(結婚)のあいだの時間軸で書いたんだったとおもいます。

+ Read More

2016年まとめ。

気付けば、年の瀬ですね。
ついったーで、「創作とあなたを振り返ろう」というテーマでいろんな方が文章書かれているのを見て、お風呂入っているときとか、通勤の帰り道とかに今年一年わたしなにやっていたのかなってぼんやり考えていたのですけど、今年はしょうじき、ほんとう創作ができなかった年だなあという印象が強いです。
仕事がいそがしかったこともありますし、ちょうど年の半ばに病気がみつかって、そこからはずっと検査や入院や日常生活に戻ることに必死で、それ以外の記憶がうすい。いつものように好きな場所に旅にでかけることや、舞台をみたり、新しい勉強をはじめたり、そういうこともあんまりできなくて、他方では、わたしのまわりのひとたちは次々に結婚とか、出産とか、大きな舞台にでていったりだとか、なんだかひとつひとつステップアップしていっているのがとてもまぶしく、とても歯がゆい… もっと遠くに駆けていきたいのに目の前のことをこつこつやるしかない… みたいな、そんな気持ちでもんもんとしていた日々だった気がします。
と言ってるわりに、蒼穹の連載はじめたりとか、白兎でカクヨムさんのコンテストに出たりとか、異種婚アンソロ出したりとか、していたのですけど笑

考えさせられることはとても多かったです。
どうしようもないことは泣いたってしかたがないのですけど、しかたない、しょうがない、しょうがないじゃないかって納得するのがこんなに困難だとはおもわなかったし。家族や同僚やともだちが助けてくれるたびに泣きたい気分になりましたし。
そんな浮沈のなかで蒼穹4章~終章が完成しましたしね。
わたしはおはなし書くのがだいすきですけど、なんていうんだろう、おはなし書くのって楽しいばかりじゃないので、そのすきってなんなんだろうみたいなことがこれまでも考えてもちょっとわからない部分があったんですけど、精神的に底辺に落ちてたとき、だけどこんなことひとに言ってもしょうがないし、みんな聞くよって言ってくれるけどわたしもなんて言葉にしたらよいかわからないし、だけどどうしても割り切れない、なくならない、そういうじぶんのだめでしょうもない部分をぶつけられるのは文章なんですよね。昔は創作ってわたしにとっては振り向いてくれないチャラ男みたいな存在だったんですけど、今は戦友かなあ。きみがいてくれてよかった。
そんな一年でした。

さらっと挨拶するはずがまじめに書いてしまった。
来年の予定。
蒼穹を1月に連載再開して完結。
白兎も春頃、連載再開の予定です。あとどこかでユグドをどうにかしたいかな…笑
あと異種婚アンソロ第二弾も水面下で動いているので、またお知らせできたらいいなって思います。

今年も一年お世話になりました。
みなさまの厚意に励まされながらの一年でした。
来年もまた一歩ずつ励んでまいりますので、よろしくお願いします。

たくさんの拍手ありがとうございました!
以下レスです。

+ Read More

最近の記事
プロフィール

スイ

Author:スイ

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する