「蒼穹、その果て」後日譚のご案内

「蒼穹、その果て」後日譚が完成したので、詳細をご案内をします。
通販は7月23日(日)20時から開始してます。
通販ページ
※価格は、アリスブックスさんへの委託料を含めて「900円」(税抜、このほか送料)となります。
※通販のみの頒布。イベントで販売する予定はありません。
 
カバー小

「蒼穹、その果て」後日譚
 カバーイラスト 真空中様(@「藪蛇と花」
 新書2段組・108頁
 通販価格 900円(税抜。このほか送料がかかります)

内容は以下の5編+序章・終章からなる短編連作です。(ネタバレにつき、追記から)
時間軸としては、炎天の乱直後~終章後3年ほどを描いています。
これがいかほどかというと、物語開始当初、13歳と15歳だった桜さんと雪瀬が後日譚・最終話で30歳と32歳になってるくらいの年月ですね…笑 桜さんがあのあとどう生きていったかを書きたくて書きました。
よろしければ、お手に取っていただけたらうれしいです。

・「あけの風」
 炎天の乱からひと月。生死を彷徨ったすえ、目を覚ました雪瀬は己の行く末についてある決断を下す。
・「ときわの花」
 祝言のために葛ヶ原へ帰った薫衣だが、肝心の相手から大事なものをもらっていないことに気付く。
・「碧の海」
 南海の姫・妃とともに、異国の港に赴いた蝶と真砂。真砂に想いを寄せる妃に、蝶は動揺する。
・「蒼の原」
 五條家に一子が誕生。その頃、葛ヶ原領主・柚葉はある男に求婚されていた。
・「月白の天」
 裳着を迎えた月を連れ、桜と雪瀬は糸鈴へと旅立つ。その旅は、うしなわれたものとの再会を意味していた。

Comment

Comment Form
公開設定

最近の記事
プロフィール

スイ

Author:スイ

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する